ランドセル 安全性

ランドセルの安全性が高い機能や特徴

安全性を高める

小学校入学から卒業までの六年間使用するランドセルは、見た目の可愛らしさ、かっこよさはもちろん安全性の高いものを選ぶことが重要です。

 

ではランドセルの安全性とは何かというと、まずはカブセ部分に反射板などが付いていて、夜間や雨天時の視界が悪い状況でも目立つ工夫を施すことで、車や自転車との接触事故を防ぐことが出来ます。

 

また、フックなどが巻き込まれて転倒するといった事故を防ぐために、ある程度の負荷がかかると金具が外れる仕組みになっているランドセルも販売されています。

 

また不審者と遭遇した時にすぐに防犯ブザーを使用できるよう、肩紐部分に防犯ブザーを着用できる金具を取り付けてあるランドセルもあります。

 

子供の安全を守るために、出来るだけ様々な機能が付いたランドセルを選ぶと良いでしょう。

 

 

半かぶせタイプnランドセルについての考察

半かぶせというのは、いわゆる後ろの『垂れ』部分がランドセルの下まで回りこむこと無く、リュックサックのように中程で止めるタイプのものでお洒落なデザインが多く非常に人気があります。

 

昨今では優れた着色技術によるカラーバリエーションとも相まって女の子にはとくに人気が高い商品です。

 

しかし、購入に際しては以下の部分にも注意されたほうがいいようです。

 

まず、低学年のお子様は自治体などから事故防止の黄色い安全カバーをランドセルに付けるように指導されることがありますが、これが付かない、あるいは付きづらいものが多いようです。

 

それから雨除けカバーも同じ理由で装着が困難です。

 

あと後ろから簡単に開けられてしまうなどの問題を言われる方もいます。

 

しかしお値段も比較的安いですしデザインはバリエーションに富んでいることも事実ですから、このような問題もあるということをお子様とよく相談なさった上で購入されることをお勧めします。